2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • mixiチェック

雉野つよしという役の「ゴール」

投稿日:2023年02月05日 09:55

※2月6日写真追加しています。
こんにちは。
キジブラザー/雉野つよし 役 鈴木浩文です。
今回が最後のブログ回になります?

今回のテーマは「ラストに向けて」。
最終回に向けての見どころや、鈴木さんがどんな思いで撮影に臨んだかなどを……とのこと?

クランクアップ前日も「あー、明日で最後か」と思ったくらいで、特に撮影当日や撮影している瞬間に「これで最後……」というような感傷に浸ることも、頭の片隅にずっと「クランクアップ」があるなんてこともありませんでした。
ギリギリになってようやく「え!? このシーンで最後じゃない!?」「うわ、ほんとだ!」みたいな感じで、喋りあったような気がします。
ぼくとしてはそれくらい自然に、普段の撮影と変わらず、へんに気張ることなく、最終回の最後のシーン最後のカットまで臨めたんだなと思っています?

そして最終回の見どころですか……。
うーん、なんだろう。笑
誰に感情移入して見るかによっておすすめポイントは変わってくるんですが、「最終話全体で」ということになると、ぼくは最後のカットだと思います。
まだ観ていないのでどんなカットになっているかは知らないのですが、この最後のカットは「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」という作品のラストカットを飾るに相応しいものになっている……そんな気がしています^ ^

また、つよしは愛妻家(そしてそこから派生する行動)の部分がよく取り沙汰されるけど、ぼくが思うに雉野つよしという役の「ゴール」はそことは関係ないんですよね?
欠けているところを補うのがゴールとするなら、たとえば桃井は人との縁がほしい、はるかは盗作疑惑払拭(ヒット漫画家としての復帰)、というように「こうなりたい」という部分が「ゴール」に関わってくると思うのですが……じゃあつよしはなんなのか。
少なくとも望んでその形になっているところは、欠けている部分ではない。だから愛妻家関連は彼のゴールじゃない。
とすれば、ゴールはどこなのか。なんなのか。

みなさんは分かりますか??

彼がその「ゴール」を迎えるであろうシーンが、ぼくは「雉野つよし」としての、最終回の見どころなのかなと個人的には思います。

さて。
ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました?
読んでもらえて嬉しかったです✨

1年間、雉野つよしをありがとうございました。

頼りないところもあったけど、優しくて一生懸命なつよしくんがぼくは大好きでした。
みなさんはどうでしたか?
なにか少しでもぼくのお芝居や、彼のキャラクターが皆さんのなかに残ってくれたら本望です☺️

さぁ、最終話まで残り3話です。
最後までみんなで楽しもうぜ!!!!

 

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 7
  • 3
  • 13
  • S__36388876
フォトギャラリーを詳しく見る≫